2010年 01月 15日 ( 1 )

年末はお正月用品を、と言っても大したものは必要無いんだけど何となく商店街をブラブラしたくなっちゃうあれって何だろうね。
「盆と正月くらい」の名文句をすり込まれてるから、商売人の陰謀にまんまと引っかかってるのかも知れないね。
我が家から青梅街道を通って阿佐ヶ谷のアーケード商店街へ向かったんだけど、その途中で店先にザルやら箒やら熊手がぶら下がってたので中を覗いてみたら、かなり年配の爺さんがザルを編んでたの。
最近は殆どがプラスチック製品にその場を奪われた竹細工のザル達がそこに生き返ってるのを見て、急に欲しくなっちゃった。
f0207328_13374291.jpg

f0207328_13425091.jpg

たまらず、中の爺さんに合図をしたら出てきてくれたんだけど、ガラスのはまった引き戸が開かないんだ。古い家だからどこかが傾いてるんだろうな、開かない!
久しぶりの客を逃してなるものかと力いっぱいに開けようとするんだけど、開かない!
この爺さん、一体どこから中に入ったんだ?
ガタピシガタピシやってるうちに半分くらい開いたら、そこから無理矢理出てきてくれたんだけどね、ザルが欲しいと伝えるとね始まっちゃったんだよ、蘊蓄(うんちく)が・・・
商品の出来は素晴らしいんだよ。本当に・・・
だけどね・・・・・
f0207328_14111694.jpg

実は、阿佐ヶ谷のアーケード街に行くのは目的があったのよ。
年が明けてから食べる予定の伊達巻きが目的だったんだけど、これが旨いのよ。
甘鯛のすり身がベースの伊達巻き!これって知ってた?もう、やばいんだから・・・
f0207328_1418179.jpg

この店はアーケードの中程にある蒲鉾屋さんなんだけど、勿論オリジナルの蒲鉾も造ってるけど、私はその伊達巻き以外には目もくれないんだ。だって、これまで旨いと言われた伊達巻きを何種類も食べて来た。だから、伊達巻きについてはちょっと拘りがあるのさ。その中でも一番旨いと感じてるのがこの伊達巻きなんだ。
本当は伊達巻きマイスターの称号が欲しいんだけどね。無理だろうな!
f0207328_16454489.jpg

帰りは我が家まで裏道を辿ることにした。なぜなら今まで知らなかった事柄に遭遇したりするからだが、残念ながら今回はそれほど目新しい事には巡り逢わず、馬橋神社の前を通り我が家にたどり着いた。
f0207328_16565163.jpg

その日の晩ご飯は、伊達巻きに心惹かれるのだが、年明けまで我慢、我慢。
そんな訳で、鴨の燻製に留蔵謹製イワシの胡麻漬け、そして神戸牛のすき焼きとなった。
一見豪華に見えるが、全て頂き物だ。
神戸のおばさん、留蔵の八代目、美味しく頂きました。ありがとう。


f0207328_1711269.jpg

f0207328_1711328.jpg

f0207328_17115596.jpg

by peter_mrt99 | 2010-01-15 17:16